スキップしてメイン コンテンツに移動

オンライン記事・動画

オンライン記事

  1. 【対談】レストランに研究機関!? ペルー発の「高度別メニュー」が新しい美食のスタイルになりうる理由とは? siRUto (2022)
  2. 学童期の野菜の好き嫌いを左右する 乳幼児期の保育環境や体験の一端を明らかに KAGOME プレスリリース (2022)
  3. 食の感動を追体験する「感性タグ」システム ふるえ(2022)
  4. 心の進化を読み解く ガストロノミア(2022)
  5. 地産地消チャレンジ~大阪編~ 玉木さんのnote (2021)
  6. 【座談会】シン・カレー論 shiRUto (2021)
  7. テクノロジーで変貌する食ビジネス。700兆円市場への挑戦 ガストロノミア(2021)
  8. おいしさの心理学 (一財)食品分析開発センターSUNATEC(2021)
  9. 高齢者社会を豊かにする視覚3C創成プロジェクト ~細胞(Cell)・回路(Circuit)・認知(Cognition)~ R-GIRO (2021)
  10. 「ローカルガストロノミー」イベントレポートno7 玉木さんのnote (2020)
  11. 「食の嗜好と場」が満たすものは何か ふるえ(2020)
  12. 食は人となり-You are what you eat- 関西食文化研究会(2020)
  13. 塩のうまさ 塩と暮らしを結ぶ (2020)
  14. 【対談】新たな食の選択肢「次世代タンパク質」(前編) shiRUto (2020)
  15. 【対談】新たな食の選択肢「次世代タンパク質」(後編) shiRUto (2020)
  16. 「おいしさ」を感じるしくみ ~匂い、味、呼吸のマリアージュ~ 前編 マイナビニュース(2019)
  17. 「おいしさ」を感じるしくみ ~匂い、味、呼吸のマリアージュ~ 後編 マイナビニュース(2019)
  18.  食における『おいしさ』の正体 Qonversations (2019)
  19. 坂本龍一氏のバズ記事から掘りさげてみた「人はナゼ飲食店のBGMが気になって仕方がないのか」 メシ通(2018)
  20. “五感で食を感じる” 日本が真の「世界一の美食国家」になるための戦略論 shiRUto (2018)
  21. お肉は、調理法でおいしさが変わる 熟成肉の格之進(2018)
  22. 味覚ってなんだろう?(前編)ガストロノミア(2017)
  23. 味覚ってなんだろう?(後編)ガストロノミア(2017)
  24. 「食で稼ぐプロ」を育成!立命館大が新学部開設へ!ワールドビジネスサテライト (2017)
  25. 前後鼻腔経路嗅覚ディスプレイを用いた嗅覚-味覚促進の観測 食研成果情報(2016)
  26. この人をたずねて 心理学ワールド70号 (2015)
  27. 2015年度特殊研究講座 昭和女子大学(2015)
  28. 視覚はどこまで他の感覚器官をだませるか「おいしそう」の科学 (2014)
  29. リスク情報の理解度に影響する説明表示法 食総研成果情報(2014)
  30. ひろがる食の感性 味わいから情報理解まで 心理学ワールド56号 (2012)
  31. JFEシステムズ、第10回ユーザーカンファレンス開催 「食の安全」「情報理解」テーマ 日本食糧新聞(2012)
  32. Great expectations TasteMatters(2012)
  33. Assessing cabbage snaps Impobale Research(2010)
  34. 効率的な消費者の情報理解のための情報提示方法 食総研成果情報(2010)

動画

  1. フードテックにつながる認知デザイン「食」により「人と社会と地球」の健康を創造するためのバイオ技術研究会(仮称)設立準備勉強会 第5回「食文化・心理・倫理」からフードテックを考える (2022)
  2. オンラインセミナー 「食の感動を知財化できるか」ダイジェスト版 (2022)
  3. 日本ノハム協会セミナー「食とSDGs」ダイジェスト版(2022)
  4. 負けられないガチ論争!唐揚げにレモンは?ひろゆき「かける派は基本的に頭悪い」 ABEMA(2022)
  5. シェフと伝える持続型畜産確立事業 2021年度 試食会【仙台】(2022)
  6. 和田有史(Part 1)Round Table (2022)
  7. 和田有史(Part 2)Round Table (2022)
  8. 食×五感を研究する教授にオススメ自由研究聞いてみた!うま味っていったいどんな味? (2020)
  9. 「食」と「こころ」を考える テンミニッツTV(2018)
  10. ニコニコ学会β「研究100連発」 in Science Agora​ ​和田 有史(2015)

SNS