スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

Welcome to Multisesory Cognitive Design Laboratory

最近の投稿

日本味と匂学会第3回若手の会合宿でトークします

学会名:日本味と匂学会 第3回JASTS若手の会合宿 開催日時: 2024年9月10日(火) 14:00 ~ 11日(水) 11:00 会場:倉敷シーサイドホテル  http://www.kurashiki-seaside.co.jp/ 最寄り駅のJRとホテルの間は無料送迎バスが出ます。 参加費用 社会人 15,000円(1泊2食付き) 日帰り(夕食付き)は7,500円 学生  10,000円(1泊2食付き) 日帰り(夕食付き)は5,000円 ※味と匂学会非会員の方は上記に+1,000円(日帰り+500円) ※夕食はバーベキュー形式。宿泊は相部屋。 プログラム概要(予定) <1日目> 13:30-14:00      受付 14:00-16:00     自己紹介・ポスターセッション 16:00-17:00     若手講演 村田航志、八木徹哉 17:00-18:00      招待講演 立命館大学 和田有史先生 18:00-20:00      バーベキュー・交流会・ポスターセッション 20:00  中締め(日帰り参加者は解散) 20:00~ 入浴、ポスターセッション、交流会を自由に <2日目> ~9:00 朝食 9:00-10:00      希望者は造船所見学 10:00-11:00     ディスカッション、総括、片付け 11:00   解散・本会会場(岡山大学)へ出発 参加をご希望の方はこちらのGoogleフォームからご登録ください。 https://forms.gle/C21RSe9dRQxtSZeU8

日本経済新聞にコメントが掲載されました

掲載新聞:日本経済新聞 記事タイトル:ラーメンが促す街歩き 京都、1万人あたり店数関西最多 叡山電鉄、お得なセット切符 観光客の行き先を分散 掲載日時:2024年6月29日 1:49 [会員限定記事] URL: https://www.nikkei.com/article/DGKKZO81738790Y4A620C2LKB000/?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTEAAR0adIIbWCnvOVAleLKggXBbzAJ8XkQMcbHsNP0SXYu2ePLAulQO_dWHw-0_aem_hebmHM-5EPcd_ZYwok2X-g

「Shape Variety of Food Can Boost Its Visual Appeal」が雑誌「Appetite (IF=5.4)」 に論文が受理されました

本研究は日本フードサービス協会の立命館大学食マネジメント学部助成事業により、多感覚・認知デザイン研究室の学部一期生の卒研として行った研究をベースとしています。 Title: Shape Variety of Food Can Boost Its Visual Appeal (食品の形状の多様性が視覚的な魅力を高める) Authors: Yuki NISHIDA, Sarasa EGUCHI, Miho SAKURAI, Kazuya MATSUBARA, Yui TANAKA and Yuji WADA Journal: Appetite (IF=5.4) Abstract: We investigated whether food shape and its variety within a group affect visual appeal using a four-shaped fast-food chicken product known as Chicken McNuggets®. In Experiment 1, participants rated the visual appeal of each nugget shape both individually and when presented in groups of variously shaped nuggets. The results revealed that the rounder nugget was less visually appealing than those of other shapes. Additionally, assortments featuring various shapes were rated as more appealing than those of a single shape. In Experiment 2, the visual appeal of individual nuggets presented in groups and alone was assessed using a visual analog scale. The visual appeal of one specific nugget (target nugge

第33回 香り・味と生体情報研究会で口頭発表を行いました

第3 3 回 香り・味と生体情報研究会 開催日:2024年6月13日(木)〜14日(金) 場所:下北文化会館(〒035-0072 青森県むつ市金谷一丁目10-1) 発表タイトル:呼吸同期嗅覚提示デバイスによるカテゴリ不一致な味嗅覚情報の統合 発表者:川村美帆,西田勇樹(立命館大学),大野雅貴,鳴海拓志(東京大学),小早川達(産業技術総合研究所),和田有史(立命館大学)

不二製油の富先生に未来のウェルビーイングに向けた植物性食品素材開発についてのトークをいただきました

講師:富研一(不二製油) 関連情報: ミラコア 日時場所:2024年6月12日 @ZOOM

Interdisciplinary Information Sciencesに論文が受理されました

「Effect of a Variety of Food Shapes on Sensory-Specific Satiety Using Chicken McNuggets® as Stimuli」が雑誌「Interdisciplinary Information Sciences」に受理されました。 本研究は日本フードサービス協会の立命館大学食マネジメント学部助成事業により、多感覚・認知デザイン研究室の学部一期生、大学院一期生らが中心に行った研究をベースとしています。 Title: Effect of a Variety of Food Shapes on Sensory-Specific Satiety  Using Chicken McNuggets® as Stimuli (食品形状のバラエティが感性的満腹感に与える影響:Chicken McNuggets® を用いて) Authors: Yuki NISHIDA, Sarasa EGUCHI, Miho SAKURAI, Kazuya MATSUBARA, Yui TANAKA and Yuji WADA Journal: Interdisciplinary Information Sciences Abstract: Individuals have less desire for foods they eat repeatedly than for foods they have not eaten. This is called sensory-specific satiety (SSS), and it motivates people to eat a variety of foods. This psychological study examined the influence of a variety of food shapes on SSS using a four-shaped food product known as Chicken McNuggets®. Twenty participants completed three phases: first rating, preload and second rating. During the first rating, par